神経内科

パーキンソン病の主な症状や原因とは?

「きょうの健康」 来週、再放送があるので見てください。 パーキンソン病の主な症状や原因とは?早期発見するための検査・治療法を解説 https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_4.html パーキンソン病は 高齢者の100人に1人が発症するとされる、決してめずらしくな…

ジストニアとは

「きょうの健康」 来週、再放送があるので見てください。 肩こりやドライアイなどと間違われやすい「ジストニア」 代表的な症状・診断・治療法 ジストニア 肩がこる 肩が痛い 目がおかしい 脳・神経 https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1141.html ジストニアと…

三叉神経痛

刃物で刺されるよう…最大級の痛み「三叉神経痛」 中高年女性に多く、歯痛と間違え抜歯する人も https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200127-OYTET50057/ S江さん(58歳)は、 「半年前から顔を洗うときや、歯磨き、化粧をするとき、顔の右半分が痛い…

パーキンソン

今日の健康

むずむず脚症候群

これで解消! あなたの睡眠不足「原因は脚!?」 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2017/03/0315.html むずむず脚症候群の症状 「レストレスレッグス症候群」 最も多いのが「脚がムズムズする」といった脚の不快感です。 患者さんによっては、…

失神とてんかんの鑑別

失神とてんかんの鑑別、前兆や顔色に着目を http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t273/201608/547873.html 表 失神とてんかん発作の鑑別に有用な所見(国際医療福祉大の赤松直樹氏による) 痙攣の有無では鑑別できない 失神やてんかんの多く…

これも認知症「レビー小体型認知症」

これも認知症「レビー小体型認知症」 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2016/04/0419.html レビー小体型認知症とは 「レビー小体型認知症」は、 脳の中に「レビー小体」という変異したたんぱく質のかたまりが現れ、 これによって徐々に脳の神…

アルツハイマー病

認知症、物忘れだけでは診断されない 里直行、綿田裕孝 http://www.asahi.com/articles/SDI201512225936.html?iref=com_apitop 20世紀の半ば、 薬では治すことのできないほどの重いてんかんを治療するために、 責任病巣部位(病気を起こしていると思われる場…

名医が教える認知症予防の睡眠法

新発見!名医が教える認知症予防の睡眠法SP http://asahi.co.jp/hospital/onair/150512.html 平田幸一先生(獨協医科大学病院 副院長、日本睡眠学会理事) 睡眠中は記憶を整理整頓している 1.朝20分以上の散歩をする 太陽の光を浴びてから15〜16時間後…

パーキンソン病の薬 やめさせたい

パーキンソン病の薬 やめさせたい http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=114983 Q.78歳の母が足を前に出しにくい、 表情がないなどの症状で神経内科を受診しました。 パーキンソン病と言われ、1年ぐらい薬を飲んでいますが、 症状は変わらない…

レビー小体型認知症

本当に老年期の「うつ」? 認知症の可能性 考えて http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2015022402000172.html 認知症でアルツハイマー型に次いで多い「レビー小体型(DLB)」は、 うつ病と誤診されることが少なくない。 処方される抗うつ…

ラミクタール救済不支給が多発

ラモトリギン、救済不支給が多発 安全性情報 適正使用されず http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226579708758.html?pageKind=outline 厚生労働省は24日、医薬品・医療機器等安全性情報・第319号をまとめた。 承認された用法・用量が守られなかっ…

牛乳でのレボドパ内服

牛乳でのレボドパ内服を中止したところパーキンソン症状が劇的に改善 http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1410/1410022.html 長崎大学脳神経内科の向野晃弘氏らは, レボドパを牛乳で内服していたのを発見し, 水で内服するよう変更したところ, …

アリセプト  レビー小体型認知症の効能・効果

「アリセプト」 日本でレビー小体型認知症に関する効能・効果の承認を取得 http://www.eisai.co.jp/news/news201452.html エーザイは「アリセプト」について、 日本において新たにレビー小体型認知症に関する効能・効果の承認を取得しました。 これにより、…

ラミクタール 単剤療法の適応追加

「ラミクタール錠」 成人てんかん患者に対する単剤療法の適応で承認取得 2014-08-29 http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2014_07/P1000855.html GSKは、8月29日付で、 同社の抗てんかん薬 「ラミクタール錠」一般名:ラモトリギンについて、 成人…

喘息患者の本態性振戦

「喘息患者の本態性振戦に適したβ遮断薬はどれですか?」 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/yamamoto/201408/537971.html 『今日の治療指針2014』(医学書院) 本態性振戦 下記1)2)のいずれかを用いる。 症状が軽快しない場合、1)と…

シロスタゾールが認知症発症を予防

メディカルジャーナル「認知症 新発想で挑む」 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2014/05/0519.html アルツハイマー病では 神経細胞の周りにアミロイドβという老廃物がたまった「老人斑」が増えていきます。 このアミロイドβが神経細胞を死に…

抗認知症薬を賢く使い分けるコツ

抗認知症薬を賢く使い分けるコツ http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/kawabata/201310/532883.html コリンエステラーゼ阻害薬、つまり ドネペジルやガランタミン(レミニール)、 リバスチグミン(イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ)は…

パーキンソン病、日本発の新薬と他の薬を併用

パーキンソン病、日本発の新薬と他の薬を併用 効果長持ち http://www.nikkei.com/article/DGXDZO56964070U3A700C1EL1P01/ 5月に発売された「イストラデフィリン(商品名ノウリアスト)」。 「従来薬を増やしたくても副作用の懸念で増やしにくかった患者に使…

脳卒中のなりやすさ、どう予測するの?

脳卒中のなりやすさ、どう予測するの? 血圧や喫煙の有無、肥満度を点数化して確率を出すんだ http://apital.asahi.com/article/story/2013060500002.html Q 将来、脳卒中になりやすいかどうかがわかるって聞いたけど。 A 国立がん研究センターや藤田保健…

むずむず脚症候群

不眠の原因「むずむず脚症候群」 新薬で症状改善 正しく診断されることが条件 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO49849250R21C12A2EL1P01/ 「むずむず脚症候群」 中高年に多く、不眠の原因となる病気だ。 発症の仕組みはよく分かっておらず、むずむずする…

ビールは750mLまで

アルコールの飲みすぎで脳卒中の発症が10年以上早まる http://www.dm-net.co.jp/calendar/2012/019351.php 1日にビール中瓶2本以上を飲む人では 脳卒中の発症が10年以上早くなるという。 フランス・リール大学医学部のシャーロット コルドニエ氏らは 脳出…

てんかん

てんかんの薬物治療、発作症状に基づき選択を http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t183/201210/526779.html 抗てんかん薬で7割が寛解 てんかんは慢性の脳疾患で 大脳の神経細胞で過剰興奮が生じることにより 発作性の症状が2回以上起こる病…

夏の脳梗塞

熱中症だけじゃない 意外と多い夏の脳梗塞 脱水、血管詰まりやすく http://www.nikkei.com/article/DGXDZO44180530W2A720C1EL1P01/ 「脳出血は冬に多いが、脳梗塞は夏が最も多くなる」。 こう話すのは国立循環器病研究センター脳血管内科の豊田一則部長だ。 …

パーキンソン病

パーキンソン病、解明進む 発症前に嗅覚障害や便秘…… http://www.nikkei.com/life/health/article/g=96958A96889DE6E2E1E4E1E1E6E2E3E0E2E6E0E2E3E0979EE382E2E3;p=9694E0E4E3E0E0E2E2EBE1E3E2E3 5〜10%が遺伝 患者は国内約15万人で、50〜70代に多い。 遺…

抗血栓薬

日経DI3月号 抗血栓薬まる分かり より 抗血小板薬

三叉神経痛

三叉神経痛、冬場は薬効かない http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=56444 78歳の母が三叉(さんさ)神経痛で1年前にガンマナイフで治療しました。 冬になって気温が下がると、痛み止めの薬を飲んでも効かず、とてもつらそうで悩んでいます。 Answ…

てんかん

てんかん発作、薬で7〜8割抑制 「意識失いけいれん」は一症状 http://www.nikkei.com/life/health/article/g=96958A96889DE1EBE0E1E1E0E2E2E2E3E2E1E0E2E3E0979EE382E2E3;p=9694E0E4E3E0E0E2E2EBE1E3E2E3

パーキンソン

きょうの健康 なんでも健康相談 回答:国立精神神経医療研究センター 村田美穂先生 Q. 70歳代 女性 パーキンソン病と診断されました。治療薬について教えてください。 NHK きょうの健康 2012年 03月号 [雑誌]出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2012/02/21メ…

むずむず脚

きょうの健康 なんでも健康相談 回答:独協医大 平田幸一先生 Q むずむず脚症候群で ビ・シフロールとフェロミアを飲んでいますが症状が一向に改善しません。 NHK きょうの健康 2012年 02月号 [雑誌]出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2012/01/21メディア: 雑…