皮膚科

この時期、10ー14時の外出は危険!

これを見て俺は、大きな帽子を買いました。 こめかみ 耳の上部 鼻のてっぺん は皮膚がんが発生しやすい場所だそうです。 紫外線 しみ・しわを防ぐ鉄則 日焼けを防ぐ服装・日焼け止めの塗り方 https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1334.html午前10時〜午後2時は…

乾癬

NHK チョイス 乾癬 より 10倍のスピードで皮膚がつくられる PDE4がcAMPを壊す なので、PDE4阻害薬オテズラが使われる 塗り薬の副作用 禁煙してください 関節炎が合併 指は第一関節 関連記事 https://sna59717.hatenablog.com/entry/2020/12/06/031311

アトピー性皮膚炎の新薬

今週再放送があります。ぜひ見てください! アトピー性皮膚炎のかゆみの新たな原因判明!新薬について解説 https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_29.html アトピー性皮膚炎の三大要因 アトピー性皮膚炎は、 皮膚に強いかゆみを伴う発疹が顔や体にでき、 「良くな…

乾癬

免疫バランスの異常で起こる「乾せん」 https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1264.html 乾せんってどんな病気? 乾せんは免疫の病気です。 表皮の新陳代謝の周期が短くなって表皮が厚く(赤く)なります。 そして、皮膚の角質がポロポロと剥がれ落ちます。 また…

抗酸化力を高める

老化遅らせ病気を予防 鍵握る抗酸化力、高めるコツは https://style.nikkei.com/article/DGXKZO61336470Z00C20A7W10600?channel=DF140920160919 酸化ストレスが続くと、全身の細胞が傷つき、シミやシワが増える、 視力が落ちる、骨がもろくなるなど、体のあ…

イボ

人にうつるイボとうつらないイボの違い 種類別の治療・予防法 https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1218.htmlイボにはさまざまな種類があり、 人から人にうつる「ウイルス性のイボ」と、 うつらない「非ウイルス性のイボ」に大きく分けられます。 うつるイボ「…

足白癬

きょうの健康 どう治す?気になる水虫・イボ「今すぐ始める!水虫対処法」 https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1217.html 水虫と間違いやすい皮膚の病気 水虫を疑って皮膚科を受診した人のうち、約3分の1の人は水虫ではなく、次のような皮膚の病気と診断され…

「皮膚科専門医が見た! ざんねんなスキンケア47」を読みました。

「皮膚科専門医が見た ざんねんなスキンケア47」を読みました。皮膚科専門医が見た! ざんねんなスキンケア47作者:安部 正敏出版社/メーカー: 学研プラス発売日: 2019/10/23メディア: 単行本 じんましんは真皮で起きる炎症なので塗り薬は効かない 抗アレル…

メトトレキサートが乾癬治療にも

メトトレキサートが乾癬治療にも https://medical-tribune.co.jp/news/2019/0327519636/ ファイザーは3月26日、リウマトレックスについて、 公知申請により 局所療法で効果不十分な尋常性乾癬 および関節性乾癬、嚢胞性乾癬、乾癬性紅皮症 に対する効能・効…

薄毛予防にお勧めの酒のつまみ

医師に聞いた 薄毛予防にお勧めの酒のつまみ https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28797500Q8A330C1000000?channel=DF130120166093 意識して摂取したいたんぱく質や亜鉛 「肝臓はアルコールを代謝する際、たんぱく質を多く必要とします。 特に重要なのは…

帯状疱疹

じわり増加、帯状疱疹 50歳以上の女性はご用心 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO19445030R30C17A7000000?channel=DF130120166091 帯状疱疹は、 子どものころに感染した「水痘・帯状疱疹ウイルス」(以下ウイルス)が原因。 水疱瘡が治った後も、ウイ…

アトピー新薬 デュピルマブ

アトピー新薬 重症改善に光 「デュピルマブ」投与 4割で症状消失 http://style.nikkei.com/article/DGXKZO16610150Z10C17A5TCC001?channel=DF130120166089 期待を集めるのは、米国で3月に承認された新薬「デュピルマブ」。 成分は「抗体」で、 「IL―4」…

日焼け止めは「SPF30」「PA++」を

「肌の老化」8割は太陽光が原因 日焼け止め習慣を http://style.nikkei.com/article/DGXMZO15596280R20C17A4000000?channel=DF130120166093 ■日焼け止めは「SPF30」「PA++」を 指標の効果は、適した量を塗ることで発揮されます。 適量は皮膚1平方センチメ…

ネモリズマブ

アトピー性皮膚炎のかゆみ軽減 京大などが治療薬候補 http://kyoto-np.co.jp/environment/article/20170302000060 アトピー性皮膚炎のかゆみを抑制する治療薬候補「ネモリズマブ」を、 京都大医学研究科の椛島(かばしま)健治教授や製薬会社「中外製薬)な…

アトピー性皮膚炎

肌のトラブル「アトピー性皮膚炎 治療とスキンケア」 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2017/02/0221.html ステロイド薬の正しいぬり方 ステロイドをすり込んだり、 薄くのばしてしまうと湿疹がむき出しの状態になりがちです。 湿疹に薬をの…

保湿剤の効果的な使い方

保湿剤の効果的な使い方 東京逓信病院薬剤部・大谷道輝氏に聞く http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/feature/f161201/201612/549309.html 保湿剤は作用機序から、 皮膚を覆うことで皮表に油脂膜を作り体内からの水分蒸発を防ぐ「エモリエント」…

ニキビ 新薬承認、指針も改訂

ニキビと「サヨナラ」 海外の治療薬承認、指針も改訂 症状で使い分け、再発も予防 http://style.nikkei.com/article/DGXKZO08904090Y6A021C1TZQ001?channel=DF130120166089 日本皮膚科学会は今年5月、8年ぶりにニキビの治療ガイドラインを改訂した。 主な…

水虫、塗り薬は1カ月以上、足の裏全体に

水虫、種類に合わせ治療を 市販薬の前に専門医に相談 塗り薬は1カ月以上、足の裏全体に http://style.nikkei.com/article/DGXKZO05984570S6A810C1W13001?channel=DF130120166089 仲皮フ科クリニックの仲弥院長は 「水虫だと思い受診する人の約半数が湿疹や…

光線過敏症に注意

夏の紫外線対策 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2016/06/0616.html 光線過敏症に注意 紫外線の影響で注意が必要なのが、光線過敏症です。 光線過敏症とは、皮膚に異常をきたさない波長や少ない量の紫外線でも、 かぶれのような異常な皮膚反…

ステロイド外用薬は長期間使うと効きが悪くなる。○か×か

ステロイド外用薬は長期間使うと効きが悪くなる。○か×か 常深祐一郎先生(東京女子医科大学皮膚科准教授) http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/tsunemi2/201605/546896.html 問1 ステロイド外用薬を塗ると皮膚が硬くなる? 問2 ステロイド外…

足白癬と爪白癬の治療

足・爪白癬の慢性化と感染拡大に歯止めを 足白癬と爪白癬の治療 https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0520503503/?utm_source=mail&utm_medium=recent160523&utm_campaign=mailmag&mi=00128000005wKfsAAE&fl=1 足白癬から爪白癬への感染拡大は, 爪甲肥…

肝疾患患者の3人中1人に全身の痒み

肝疾患患者の3人中1人に全身の痒み 「体がだるい」「手足がつる」に並ぶ3大症状に https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0319500492/ 肝臓は障害が起こっても症状が現れにくいとされ,「沈黙の臓器」と呼ばれている。 しかし,実際には肝炎や肝硬変,肝…

ステロイド外用薬 ベタつくくらいがちょうどいい

ステロイド外用薬の塗布量 擦り込まない。ベタつくくらいがちょうどいい 常深祐一郎先生(東京女子医科大学皮膚科准教授) http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/tsunemi2/201508/543455.html これだけはおさえよう ◆十分な量を塗布する ◆少し…

しっかり治そう アトピー性皮膚炎

しっかり治そう アトピー性皮膚炎 東京逓信病院 副院長 江藤隆史先生(1984年東大卒) http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2015/07/0713.html http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2015/07/0714.html 部位によって薬を使い分ける …

水虫 正確な判定は顕微鏡で

足のかゆみ…、水虫か? 正確な判定は顕微鏡で http://www.nikkei.com/article/DGXKZO86467500X00C15A5EL1P01/ 日本大学の照井正教授は 「皮膚組織を顕微鏡で調べる必要がある。そうしないと数十パーセントの確率で間違う」 と警鐘を鳴らす。水虫なら原因とな…

脂漏性皮膚炎 フケ・頭がかゆい、カビが関係

《脂漏性皮膚炎》 フケ・頭がかゆい、カビが関係 http://apital.asahi.com/article/tsushinbo/2015030300009.html 頭がかゆい。フケが出る。肩にフケが落ちてきて、濃い色の上着を着ると目立つ。 額の髪の生え際や、鼻の脇も赤くなってフケのようなかさかさ…

ステロイド外用薬を薄く塗っていませんか?

ステロイド外用薬を薄く塗っていませんか? http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/hirano/201501/540253.html アトピー皮膚炎の患部はザラザラしていて、図のようにデコボコしているんだ。 実はデコボコの山の上の部分に炎症が起きているん…

「体をゴシゴシ」やめて

「体をゴシゴシ」やめて 入浴に気をつけ、冬の皮膚の乾燥防ぐ http://apital.asahi.com/article/hiketsu/2014121500003.html 表皮は異物の侵入を防ぐバリアー機能を担っている。 重要なのは体表に近い「角層」だ。 表皮の深くで増えた表皮細胞は、 層状にな…

大人のアトピー肌を、驚くほどきれいに治す方法

大人のアトピー肌を、驚くほどきれいに治す方法 2013/10/13 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1800H_Y3A910C1000000/ 図1 アトピー性皮膚炎の人は肌バリアの機能が低下して異物が入りやすい状態。 かくという刺激で、さらに角層が傷つき、肌バリア機…

美肌をつくる6つの「しないこと」ルール

美肌をつくる6つの「しないこと」ルール http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2103M_R20C13A8000000/ 1 化粧品をつけるときにコットンを使わない コットンを使ったパッティングや拭き取りを続けていると、 摩擦や刺激によって長年の間に肌が黒ずむ原因…