3つの口座で3つの手法

株で1億円を稼ぐために「3つの口座で3つの手法」を試して、
好成績で自分に合う手法を発見! 利回り4%超の高配当株を狙い、
配当収入も年100万円以上に!
https://diamond.jp/articles/-/272230
f:id:sna59717:20210611095010j:plain

なのなのさんは、投資歴20年。
今年になって念願の資産1億円を達成した。

なのなのさんが自分に合った投資手法を見つけるために行ったのが、
証券口座ごとに投資手法を変えて、成績を比較することだった。具体的には
配当利回り4%以上の株を買う
掲示板など、他人から聞いた株を買う
③10万円以下で買える株に分散投資する
という3つの手法を、それぞれ別の口座で試みて、
どれくらい成績に差がつくかを調べてみたのだという。
この実験の結果、「配当利回り4%以上の株」を買う手法が
もっとも好成績で、自分の性分にも合っていると気が付いた。

そこからは研究を重ねて、この手法をさらにブラッシュアップ。
配当利回り4%以上」に加えて
「PER18倍以下」
「3年間、増収増益」
「今の株価で配当利回りが2.5%を下回ったら売る」
また、配当利回りが2.5%以上でも、売上や利益が減ったり、減配が発表された場合は売る。

現在は240銘柄ほど保有
「最近は『セルインメイ』など、
相場の大きなアノマリーを意識して、売買時期をコントロールしています。
具体的には、5月と11月を境目に、売りを増やす時期、買いを増やす時期に分ける形です。
現金比率は、買いの時期は7%前後ですが、
売りの時期には保有銘柄を売却し、20%まで引き上げるようにしています」

ちなみに、億り人の多くは
売買スタイルを確立した後、一気に資産を増やしており、
なのなのさんも例外ではない。
当座の目標・1億円はクリアしたが、さらに資産を大きく増やす可能性も高そうだ。


※暴落時に読む