漢方クイズ

両側手足のしびれ
北村聖先生.研修医のための漢方薬ハンドブック
https://www.kampo-s.jp/web_magazine/back_number/266/handbook-266.htm
パクリタキセル投与中に出現した上下肢の神経障害が改善した1例
西島弘二先生、西村元一先生(金沢赤十字病院 外科)
f:id:sna59717:20200711141454p:plain

[症例]59歳、女性
[主訴]両側手足のしびれ
[既往歴]糖尿病
[現病歴]胃癌術後、腹膜播種再発に対する三次治療として
weekly Paclitaxelによる化学療法施行中、2コース終了後から指先と足底のしびれ、
若干歩行がしにくいとの訴えがあった。また、下腿の浮腫も出現した。
[現症]身長157cm、体重45kg、血圧149/84mmHg、両下腿に浮腫あり。
[治療]三次化学療法3コース目の開始時から◆◆◆◆◆7.5g/日分3を処方、内服開始。
[経過]投与1週間後、しびれは持続していたが、
増悪は認めず、化学療法の継続は可能であった。
4週後には、パクリタキセルの投与を継続しながらも、しびれが少し軽減し、
感覚が戻ってきたとのことであった。また、両下腿の浮腫も軽減した。
腹膜播種の増悪のためレジメンを変更した7コース終了まで5ヶ月間にわたり◆◆◆◆◆を投与し、
しびれによる減量や延期を必要とすることなくパクリタキセルの投与が可能であった。
指先のしびれはほぼ消失したものの、つま先のしびれが残存していたため、
さらに2ヶ月間、◆◆◆◆◆の投与を継続した。


Q  ◆◆◆◆◆は何か?


f:id:sna59717:20200711142121p:plain


A. 牛車腎気丸
重大な副作用
間質性肺炎
・肝機能障害、黄疸 .

ここに注意!
・八味地黄丸に、温める作用とむくみをとる作用を増した処方構成。
・構成生薬中にジオウを含むため、胃腸障害をきたすことがある。