ファンドラップをやめるべき理由(動画10選)

知人の白金マダムが
「ファンドラップ」で儲けていると聞きました。
手数料は高いが、かなり儲かっている様子で
富裕層向けに用意された特別な商品かと思い調べてみましたが
どうもそのようなものではないようです。

「ファンドラップ」には要注意(元証券マンの西崎努さん)

https://toyokeizai.net/articles/-/640974
シニア世代が手を出してはいけない金融商品
筆頭に挙げられるのが「ファンドラップ」です
残念ながら金融機関が提供するファンドラップは
数年前から金融庁も「内容を吟味することが必要」と提言しています。


ファンドラップのメリット
1)複数の投信に長期分散することで価格変動リスクを抑えて安定したリターン
2)顧客の投資方針に基づいて専門家が最適な投信の組み合わせと比率を決定してくれる
3)運用開始後も市場や環境の変化に合わせた資産配分の見直しを専門家が行ってくれる


こう聞くと
ほぼ全部お任せで手間がかからずしかも安定したリターンが期待できる夢のような商品
だと思うのではないでしょうか。

しかし、実はリスクの割に手元には大したリターンが残らず場合によっては
ジワジワと資産が減っている危険さえあるのがファンドラップです。

とにかくコストが割高

まず「投資一任報酬」や「ファンドラップ報酬」
といったファンドラップそのものにかかる手数料が比較的高く設定されています。
加えてファンドラップの中に組み込む「個々の投資信託」1つひとつにも信託報酬がかかります。
要するに同じようなことを二重に行い、コストが二重にかかっているのです。
運用コストが高いことは、長期分散投資の大きな足かせです

もし、長期分散投資投資信託を利用するなら
二重にコストがかかっている「ファンドラップ」ではなく
「バランス型投資信託」や「ロボアドバイザー」で十分
だというのが私の考えです。

野村證券の谷口さん(ファンドラップの話は11:00~)


www.youtube.com

野村證券の三好さん(ファンドラップの話は8:00~)


www.youtube.com

元証券マンのようへいさん(ファンドラップの話は7:30~)


www.youtube.com

SMBC日興証券の西崎さん(ファンドラップの話は5:40~)


www.youtube.com

オリエンタルラジオ中田さん(ファンドラップの話は26:30~)


www.youtube.com

世古口さん:富裕層向け資産運用コンサルティング会社を経営


www.youtube.com

野村證券の上原さん


www.youtube.com

大手金融機関勤務 KENDRAさん


www.youtube.com

東大卒投資家(40歳で2億円)


www.youtube.com

山崎元さん(東大卒元ファンドマネージャー

「対面営業のファンドラップが最悪」24:10頃

www.youtube.com