ロシア、半導体は中国頼み

ロシアが弱体化して北方領土を手放す日がくればいいですね。

ロシア製ドローン、隠せぬ技術劣位 半導体は中国頼みに

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD170GF0X10C22A8000000/

台湾TSMCとロシア社の関係遮断

ロシアには有力な半導体メーカーが3社ある。
モスクワ近郊にあるバイカル社、MCST社、ミクロン社だ。

イカルとMCSTは、機械の頭脳にあたるCPUの開発企業だ。
どちらも独自の発想による高度な論理設計を評価する声が多い。
だが、ロシアにはそれを自分で生産する力がない。
製造を委託している先が、
世界最大のファウンドリー(受託生産)企業である台湾のTSMCだった。

そのTSMCは、ウクライナ危機が勃発した前後からロシア向け生産を停止した。
米国が主導する経済制裁で輸出が封じられたためだ。
バイデン政権は台湾とロシアを結ぶサプライチェーンを切断した。

高まるロシアの中国半導体依存

"西側"からの経済制裁を受けて、
ロシアが調達先を台湾から中国に慌てて切り替えたのは明らかだ。
結果として中国への依存は一気に高まった。

ロシアのCPUは16ナノメートルの設計だとされる。
このレベルなら中国のSMICでも十分に量産できる。

ロシア半導体国産化画餅

ロシアで唯一の〝ファウンドリー〟といえるミクロン社の技術水準は、
2020年の時点で65ナノ程度。
プーチン政権が目指す半導体国産化が、
絵に描いた餅であることは明らかだ。

そうだとすると、
半導体の供給を中国に頼るほかにロシアの選択肢はない。
経済制裁をかければかけるほど、
ロシアを中国の方に追いやるという皮肉な結果となる。

この局面は中国にとっては千載一遇のチャンスだ。
戦略物資である半導体を何としても確保したいロシアに対し、
米国に干渉されない〝米国フリー〟の半導体の生産力を握る中国が、
明らかに強い立場になるからだ。

ウクライナとの戦争が長引けば、
新鋭の武器を動かすために必要な半導体を調達できなくなる。
今、ロシアは中国に足元を見られている。

政治・外交の面では、
習近平プーチンと手を握るとは考えにくい。
むしろ一定の距離を保ち、ロシアへの発言力を強めようとするはずだ。
半導体はそのための戦略的な手段となる。
技術の地政学の観点から推論すれば、
中国が半導体でロシアを屈服させる日は遠くない。