マツキヨ 4月からレジ袋有料化

ドラッグストア大手4社、レジ袋有料化を4月に前倒し
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56128660X20C20A2TJ1000/


マツモトキヨシなどドラッグストア大手4社は4月からレジ袋を有料化する。
政府が小売業に有料化を義務付ける7月より前倒しして実施し、
いち早く買い物袋の持参を促す。

ファーストリテイリングは傘下のユニクロとGU(ジーユー)で
4月からレジ袋を紙製に切り替えて有料化する。

マツキヨHD、ウエルシアHD、スギHD、ココカラファイン
プラ製レジ袋の無料配布をやめ、4月以降に有料化する。

マツキヨHDは
環境負荷を低減するバイオマス素材を30%配合したレジ袋に変更した上で有料で提供する。
3種類の大きさを用意し、標準サイズで5円未満とする計画。
国の指針ではバイオマス素材を25%以上含むレジ袋は有料化の対象から外れるが
「あえて有料化してマイバッグ持参を浸透させ、脱プラに貢献する」狙いがある。

イオン傘下のウエルシアHDは、
プラ製レジ袋を色違いでサイズの異なる計4種類にして有料とする。
25年ごろまでのプラ製レジ袋の全廃を目指しており、
買い物袋の持参客に共通ポイント「Tポイント」を付与する取り組みも始めている。