腰部脊柱管狭窄症

放っておくと歩けなくなる病気
http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/backnumber/140127/index.html



Q スリッパが脱げやすい
腰の神経が傷むと、足首を曲げる力が弱くなる事がある。
足を上げようとしてもつま先が上がらないので、
スリッパが脱げやすくなったり、ちょっとした段差につまづく事がある。


Q 排尿がしづらい 残尿感がある
腰の神経が傷むと、膀胱をコントロールする力が弱くなる事がある。
すると尿が排出しづらくなったり、尿漏れが起きたりする。


Q 足がよくつる
腰の神経が傷むと、ふくらはぎの筋肉をコントロールする神経が狂い、
足がつりやすくなる事がある。


早期発見法
(1) 間欠跛行があるか
ある程度の距離を歩くと足や腰に痛みやしびれが出るが、
少し休むと症状が軽くなり歩く事ができる状態。


(2) 体を後ろに反らすと症状が強まるか
体を反らすと脊柱管が狭まるため、神経が圧迫され痛みやしびれが強くなる。
反対に体を前に倒すと脊柱管が広がるので、神経の圧迫が緩み、痛みやしびれが弱まる。


ポイント(1)
足腰の痛みやしびれが起きた時、少し休めば症状が治まってまた歩ける、
また前屈みになると症状が弱まって、背中を後ろに反らすと症状が強まる様な時は、
腰部脊柱管狭窄症を疑ってみると良い。


腰部脊柱管狭窄症の症状が出やすい人
肥満体型・長時間の立ち仕事・座った状態が長く続く仕事の人など